忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



日本人旅行者の「チベット救え」バッジ、中国当局が没収

日本人旅行者の「チベット救え」バッジ、中国当局が没収

6月4日22時6分配信 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】中国の華僑向け通信社「中国新聞社」(電子版)は4日、中国西部・新疆ウイグル自治区の国境で、6月初め、日本人旅行者2人が、荷物検査の際に、「チベット独立」派を宣伝する物品を所持していたとして、相次いで物品を没収され、「教育」処分を受けたと伝えた。

 2人はそれぞれ、インドやネパールを旅行していた時に、地元住民らから、「チベットを救え」などと英語で書かれたバッジや、宣伝資料などを受け取り、荷物の中に入れていた。

 当局が、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世「一派」による祖国分裂活動に関する「教育」を行ったところ、「2人の日本人は誤りを認めた」という

最終更新:6月4日22時6分
読売新聞


日本の外務省は、抗議したんでしょうね?
日本人の思想信条を踏みにじったのです。

『教育』ではなく、洗脳です。

しかも、
インドやネパールを旅行していた時に、地元住民らから、「チベットを救え」などと英語で書かれたバッジや、宣伝資料などを受け取り、荷物の中に入れていた。

受け取っただけで?


今、洞爺湖サミットへダライラマ法王をお招きしようと言う署名活動が行われています。


サミットを反対する勢力もあります。

日本内では
一部反戦活動家 = 一部共産主義
一部共産主義  = 中国共産主義、同志

サミットに、ダライラマ法王を呼ばれてはまずい。
みえみえです。

おかしく、思わないのでしょうか。
仲間だから、中国をかばおうとするのか。
世界各地で、反サミットの活動があります。

全世界同時革命の夢はまだ終わっていないのです。

共産主義は、宗教
を認めない。

チベット仏教への理解なんて、現状ではできないでしょう。
死後の世界はない = 生きている限り好き勝手

PR


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

日本の外務省は、ちゃんと抗議しましょう、ちゃんとお仕事しましょう

日本人旅行者の「チベット救え」バッジ、中国当局が没収 想いをつなげたいチベットへ 様のサイトへ 引用させてもらいます  【北京=佐...赤いスペード・黒のハート【2008/06/07 22:02】