忍者ブログ

カテゴリー別表示

2017/08/20 [PR]
no text
2009/04/26 TOPページ
◆ 地震後のチベット ◆モモの日記様より転載new ◆ TSNJ MLより、四川省震源付近ギャロンからの状況報告 ◆つれづれモノ申 りぃん様より転載new ◆ お知らせ!◆
2008/04/24 支援者定義
支援者とは・・・ ◆間接支援 チベット問題に関心を寄せてくださる方 チベットへの弾圧に、抗議の意思を示してくださる方 (自ブログ、HPなどでチベット問題を取り上げ、抗議の声を発信
2008/04/24 このブログの目的
はじめまして【想いをつなげたい チベットへ】へ ようこそ。 このブログは、チベットの支援の輪を広げるために立ち上げました。 ◆ 目的 1、支援者の想いを残したい インターネットの世界
2008/04/24 参加資格・参加方法
当ブログの目的 【個人が繋がり】【支援を広げ】【みなさんの想いを残す】ことを第一義とし 以下のように参加資格を定めました。 参加資格 ・個人であること ・20歳以上である

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



TOPページ

◆ 地震後のチベット ◆モモの日記様より転載new


◆ TSNJ MLより、四川省震源付近ギャロンからの状況報告 ◆つれづれモノ申 りぃん様より転載new


◆ お知らせ!




  僧侶様、一般の方も、ぜひ御参集ください。
  「宗派を越えてチベットの平和を祈念する僧侶の会」ウェブページnew

  九州から、全国へ向けてのイベントです。
   九州-チベットを考える会、九州でのイベントnew

   映画が上映されます。
  映画『チベットチベット』詳細へnew

  宗派を超えて僧侶様たちが、立ち上がりました。
  宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会詳細へnew

  チベット《問題》入門の小冊ができました。
  【チベット《問題》入門の小冊子】詳細へnew

    チベットに触れた50人の思いが写真展になりました。
  【50人のチベット展】詳細へnew


◆ アンケートご協力のお願い ◆new


◆ リンクプロジェクト ご参加申し込みのページへ ◆


◆ 支援者BBSは こちら

◆ チベット支援者の声は こちらnew


◆ 管理人のつぶやきは こちら


◆ ブログのご紹介 

  ・このブログの目的

  ・支援者定義

  ・参加資格・参加方法


◆ ダライ・ラマ法王のメッセージ ◆

  ・ダライ・ラマ法王中国に哀悼の意new

  ・4/1 法王 成田で会見


◆ インド亡命政府の声明

  ・四川省大地震 募金活動2008.5.20new

  ・四川省大地震特別供養のご案内2008.5.20new

  ・ダライ・ラマ法王特使、ロディ・ギャリ氏による声明2008.5.8

  ・ダライ・ラマ法王特使の中国派遣2006.5.1

  ・特別供養のご案内(5/3終了)

  ・4/8緊急メッセージ



署名活動・要請文など


  ・ダライ・ラマ法王と胡錦濤国家主席の対話を実現させよう!6月20日まで

  ・法隆寺・唐招提寺へFAXを(終了)

  ・日本政府宛て公開書簡

  ・IOCロゲ会長宛て

  ・ドイツの有志による署名活動



◆ チベットへの想い ◆

  ・天台宗 別格本山 書寫山圓教寺 大樹玄承氏のお言葉

  ・全日本仏教協会、要望書


◆ チベットへの支援 ◆

教育サポート支援の詳細はこちら ⇒ チベットの教育の現状のページへ


・教育支援の報告

 2008.513 チベット教育基金:里子のプロフィール到着

・医療支援の報告

・物的支援のご報告


◆ チベット関連のニュース ◆



  ・ダライ・ラマ:チベットの状況は今も不透明 2008年07月03日 ヴォイス・オブ・インディア new

  ・ダライ・ラマ14世「11月に来日」 チベット亡命政府外相語る 2008.7.1 産経ニュースnew

  ・人民日報海外版、「チベット独立の国際化は無理」2008/06/26(木) 中国情報局news new

  ・チベット旅行解禁 厳戒継続で『秩序』 2008年6月26日 朝刊 東京新聞 new

  ・来月5日に「1万人ウォーク」 札幌で相次ぎデモ 非暴力前提だが…道警警戒(06/20 08:03)北海道新聞 new

  ・〈民族の相克:中〉チベットの憤り脈々 2008年6月11日 asahi.comnew

  ・チベット支援企画に難色 三重県、施設の後援取り消し2008年6月10日  中日新聞new

  ・チベットの連続爆発事件で僧侶16人逮捕2008/06/06 NEWSIS/朝鮮日報日本語版new

  ・日本人旅行者の「チベット救え」バッジ、中国当局が没収 6月4日 読売新聞new

  ・天安門事件19年目に合わせて直訴、1100人以上拘束2008年6月5日 読売新聞new

  ・新たな独立派事件を警戒 チベット当局 2008.6.4  MSN産経ニュースnew

  ・中国に記者釈放を要求 世界新聞協会が大会 中国新聞 6月2日 new

  ・中国への支援物資輸送 自衛隊機の派遣見送り J-CAST ニュース 2008/5/30new

  ・弁護士登録更新に応じず チベット暴動で北京市 MSN産経ニュース 2008.5.30new

  ・中国とチベット、6月に再対話の見通し 米国務省副報道官 NIKKEI NET 5月29日new

  ・「対中支援を停止」独開発相が表明、ダライ・ラマと会談 NIKKEI NET 5月20日new

  ・自衛隊機を中国に派遣 被災地への物資輸送要請受け2008年5月29日 朝刊 中日新聞new

  ・四川大地震 少数民族チャン族悲哀 「食事もテントもない」 (1/2ページ) 2008.5.28 MSN 産経ニュースnew

  ・「チベットの本当の姿知って」 大谷大学で写真展 Kyoto Shimbun 2008年5月26日(月) 京都新聞new

  ・ダライ・ラマ14世が単独会見、福田首相発言を高く評価2008年5月26日 読売新聞new

  ・少数民族のチャン族自治県が地図から消えることになる5月24日 レコードチャイナnew

  ・中国、英首相とダライ・ラマの会談に「強い不満」2008年 05月 25日 JST トムソンロイターnew

  ・中国・四川大地震:放射性物質15個未回収 中国政府、詳細明かさず毎日新聞 2008年5月24日 東京朝刊new

  ・中国・四川省大地震、死者の12%が生徒と教師=新京報2008年 05月 25日 トムソン ロイターnew

  ・イギリス訪問中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世、ブラウン首相と会談 05/24 FNNニュース フジニュースネットワークnew

  ・チョモランマ聖火登山隊に亡命チベット人組織潜入?2人逮捕 2008年5月24日03時04分 読売新聞new

  ・中国・四川大地震:中国大使館前デモ、当面中止呼びかけ--チベット亡命政府毎日新聞 2008年5月23日 東京朝刊new

  ・独開発相:ダライ・ラマと会談 中国の反発など押し切り2008.5.20毎日新聞new

    ・胡錦濤主席、震災救援の最前線を視察2008.5.19中国通信new

  ・五輪の影薄れる「神の助け」と五輪関係者2008.5.18中国新聞ニュースnew

  ・四川大地震・宣伝工作を重視する共産党2008.5.18産経ニュースnew

  ・日本の緊急援助隊は煙たい? 住民歓迎も軍は「メンツが…」2008.5.18 MSN 産経ニュースnew

  ・四川地震 核施設の安全をアピール2008.5.18 MSN産経ニュースnew

  ・1千万人、厳しい避難生活 四川大地震1週間'08/5/18 中国新聞new

  ・来月にも正式対話 中国がチベット政府に要請2008/05/18 【共同通信】47NEWSnew

  ・チベット旗、毛沢東がお墨付き…ダライ・ラマが秘話明かす2008年5月17日 読売新聞new

  ・チベット・ラサで「反分裂」の教育活動が盛んに 2008/05/16 中国情報局ニュースnew

  ・チベットからの支援を強調 中国、民族融和狙う 2008.5.15 MSN産経ニュースnew

  ・【四川省地震】中国、国際支援要請か2008.5.13産経ニュースnew

  ・【集う】チベット亡命政府駐日代表が講演2008.5.11MSN産経ニュースnew

  ・白黒つけたのはパンダだけ 胡錦濤主席が帰国 2008.5.10MSN産経ニュースnew

  ・胡主席、奈良訪問 日中ゆかりの唐招提寺など2008年05月10日asahi.comnew

  ・ダライ・ラマ法王、中国に「愛国主義教育」中止を要求2008.5.8時事通信new




ニュース倉庫こちら





◆ 支援者(リンク  ◆



  ・夏の空は時に気まぐれだ 夏空様

  ・住職日記 長野県 金峰山 長谷寺ご住職 岡澤慶澄様

  ・Miwa's bicycle trip around Tibet & India 三輪一元様

   「50人の写真展」へ

  ・モモの日記 モモ様

  ・赤いスペード・黒のハート 管理人様

    ・Total Mass Retain様 青柳 洸様

  ・Il testimone...くるくる様

  ・停滞空間 菱元守人様

  ・月下 燕の日記~a swallow under the moonlight moonlight_swallow様

  ・SWITCH!!!!! もちゆみのブログ もち☆ゆみ様

  ・Mono*Blog けい様

  ・アサヒる.net るうと様

  ・NetSphere Xing様

  ・泡沫抄 あや様

  ・Memorandum of Experiments

  ・チベ日々 ai様

  ・縦湯峰異帆 聖護院 八羽様

  ・Days in Ladakh yama_taka様

  ・愚僧日記 真教様

  ・Jin and Tonic JIN様

  ・ぱろりんわーるど ぱろりん様

  ・半陶 東龍様

  ・朱雀式 朱雀様

  ・kabachi-カバチ- taka様

  ・つれづれモノ申 りぃん様



◆ 現在の中国について、書いてらっしゃる方 ◆



  民族問題チベット騒乱「民族問題は安保問題」星野昌裕・静岡県立大准教授

  格差問題: 「国内の格差を糧に成長する中国」東京大学社会科学研究所 丸川 知雄助教授

  民 族 「50人のチベット展」チベットに想いを寄せる有志50名が持ち寄った写真・絵画展。





書籍紹介カテゴリ~こちらnew ◆





◆ オリンピック(ボイコットの声) ◆



工事中





日本国の在り方



工事中





 参考リンク 



工事中


PR


支援者定義

支援者とは・・・


◆間接支援 チベット問題に関心を寄せてくださる方

チベットへの弾圧に、抗議の意思を示してくださる方
(自ブログ、HPなどでチベット問題を取り上げ、抗議の声を発信している方
署名活動などに参加している方)


直接支援 チベットへの資金・物的支援に協力される方

チベットカフェ http://www.tibethouse.jp/tibetcafe/index.html

チベット文化伝統支援 http://www.tsg-kiku.com/tangka/index.html

ブルーブック支援 http://www.tibethouse.jp/japan_office/bluebook.html

チベット教育サポート基金 http://www.yasuragi.com/tibet/

ボランティア支援 http://www.tibethouse.jp/support/index.html#05

チベットハウス http://www.tibethouse.jp/japan_office/tibethouse.html

◆チベット弾圧の、抗議行動をされる方(非暴力)
 
・中国の人権弾圧非難
・中国の人権問題を、非難される方

但し…「中国人は消え失せろ」など、中国共産党と同質の主張を
    平和的抗議活動と見做しておりませんのでご了承ください。


このブログの目的

はじめまして【想いをつなげたい チベットへ】へ ようこそ。
このブログは、チベットの支援の輪を広げるために立ち上げました。


◆ 目的 1、支援者の想いを残したい

インターネットの世界にも様々な思いが残されています。
広い言論の世界、自由な言葉は、相互の縁に恵まれなければ、個人には敷居が高い。
でも言葉を残すだけなら…私たちにもできること、言葉を残すことです。

◆ 目的 2、実質的チベット支援

チベットでの生活を追われ、ヒマラヤを越える子供たちがいます。
凍傷による四肢切断や生命の危険と隣り合わせ。やっとヒマラヤを越えても、子供達は難民のままです。
このままでは義務教育を受けられません。

チベット国内の医療も問題です。
チベット人は、チベット以外の民族の医師に診察されるのを恐れています。
過去、中国共産党によって行われた、強制断種や強制避妊手術、強制堕胎、
また検査を偽った大量の血液採取
(標高の高いチベットで、大量の血液を採取されるということは、即生命の危険に繋がります)の経験から恐れを抱いています。

※満州国皇帝溥儀は後年になって癌を患いましたが、文化大革命の直中で、
溥儀は「階級の敵」として病院をタライ回し。満足な治療を受けられませんでした。
昔も今も、弾圧対象は中国政府によって冷酷な仕打ちを受けます。
チベット民族が、中国国内の医師を恐れるのはもっともな話なのです。


◆ 目的 3、中国を知り、残していく

中国国内では、金盾(Great Firewall)とも呼ばれる検閲装置が働いております。
言論の自由は全くない、と考えてもよいでしょう。
現在の中国について、そのあり方を問い、残し、知ることも重要であると思います。


◆ 目的 4、民族問題を知って欲しい

中国国内の民族問題に眼を向けて欲しい。
国内に沢山の民族を抱えながら、政府の幹部は漢民族が独占しています。
漢民族優先、少数民族弾圧の政策は非難されるべきです。


◆ 目的 5、 支援の在り方を考える

チベット支援側が暴力行動(と解釈される恐れのある)をとると、
中国政府はチベットを攻める口実にするかも知れません。
癇癪を起した中国が完全に鎖国してまえば、チベットへの支援までもが届かなくなります。
聖火がどうなろうと、中国はメンツのために開催するでしょう。
その暴力的な意志と行動を、日本の中国寄りの報道機関に利用されることの方が怖い。
『チベット支援者は聖火妨害テロリストだ』と印象付けられてしまいます。
現在の日本においては、中国寄りの人の方に発言力があります。
批判とボイコットのの言葉は、淡々と残していきましょう。


◆ 目的 6、日本の在り方を考える

ドイツは「ダライ・ラマ法王に会わないよう」という中国側からの要請に対し「他国に左右されない」と反論してます。
日本国は残念ながら、北京オリンピックを応援する政治家が多数を占めています。
これらの情報を残して行きましょう。日本国は国民のものです。国民の意思を残していきましょう。

想いをつなげたいチベットへ 参加資格・参加方法のページへ


参加資格・参加方法

当ブログの目的
【個人が繋がり】【支援を広げ】【みなさんの想いを残す】ことを第一義とし
以下のように参加資格を定めました。



参加資格

・個人であること

・20歳以上であること。

(ダライ・ラマ法王日本代表事務所への金銭的支援が含まれる都合上)


以下の方は原則ご遠慮ください。

・政党・市民団体・宗教団体に所属し、個人としてのチベット支援よりも
政党支持・市民団体支持・布教活動を優先する方。

・過激・攻撃的・好戦的・礼を失する言動を日常的に行っている方。

 (チベット支援者は、ダライ・ラマ法王の非暴力主義を模範と致しましょう。)

・チベット支援よりも中国人バッシングを優先する方。


参加方法

この記事のコメント欄にお申し込みください。
自己紹介なども是非書きこんでください。


禁止事項

・当ブログにおける政党・団体の宣伝・布教活動(団体名称の書き込みもご遠慮ください)

・過激・攻撃的・好戦的・礼を失する言動

・デモ参加の依頼

(デモを禁ずるものではありません。
先の中共によるやらせ妨害や、マレーシアで発生したトラブル、長野における某宗教団体の集結をはじめ
デモそのものに危険な人物が紛れ込む危険があります。
デモ抗議には常に危険が伴います。
当ブログに書きこまれた呼びかけに参加した結果、万一皆様の身にトラブルが発生したら…。
従ってデモ参加の書き込みをご遠慮頂くことと致しました。何卒ご了承ください)